ほうれい線を消す化粧品を頼ろう

30代から頼りたいほうれい線を消す化粧品

年齢が出てくる顔の部分とは

年齢が出てくる顔の部分とは

年齢とともに増えてくるのが『しわ』です。

特に顔に出てくるしわは実際の年齢より上に見られてしまう、とてもやっかいなものです。

顔にできるしわやしわのようなものの中で『ほうれい線』と呼ばれる部分があり、この場所が深いと、額のしわや目じりの細かなしわなどよりも実際の年齢より上に見られてしまい、また顔全体がたるんでいるように見えてしまいます。

実はこの部分は、よく間違われているようですが、しわではなく口と頬の境界線なのです。

医学的には鼻唇溝(びしんこう)と呼ばれている部分です。

若い頃にはあまり目立たず、年齢を重ねるほど目立ち始めてきます。

ほうれい線があるため年を取っているように見えるので、化粧品などで消す、あるいは目立たなくする方が多いようです。

化粧品で消す、あるいは目立たなくするようにしても、ほうれい線自体は薄くなることも消えることもありません。

できれば化粧品などには頼らず薄くできたり、消すことができたりすればスキンケアが楽になるのではないでしょうか。

ほうれい線が目立つ原因は何?

ほうれい線が目立ってくる原因のナンバーワンは『加齢』。

つまり年を重ねることによって徐々に目立ってきてしまうそうです。

また加齢にともない深刻になってくる乾燥肌およびコラーゲン不足による肌のハリの減少、また化粧品などでケアしていても浴びてしまっている長年の紫外線も関係してきます。

またタバコを吸う、偏った食事や不規則な時間に食事をするなど生活習慣の乱れ、その他ビタミンC不足やストレスなどもほうれい線が目立ってくる原因として挙げられます。

化粧品などを使用しないでこの部分を消すことは難しいかもしれませんが、目立たなくしていくことは可能です。

顔全体の体操を取り入れてみる、負担をかけない程度にマッサージする、禁煙するといったところから始めてみると意外と早く化粧品に頼ることなく消す、あるいは薄くなるかもしれません。

ほうれい線を消す化粧品の満足度

ほうれい線を消すことができれば、年齢が上に見られることはまずなくなりますし、肌のケアも兼ねて行っていますから、きっと若々しく見られることでしょう。

Comments are closed.

© 2014 ほうれい線を消す化粧品を頼ろう